注目

2019年11月予定表

みなさん、こんにちは!

11月に入り、今年も残すところは2か月ですね。
初台駅前のオペラシティビルの広場でも、クリスマスツリーの準備が始まっており、もうそんな季節が来たんだなぁと、今年1年の早さに驚かされています。

11月は雨の多かった10月に比べ、晴天が続いているので、嬉しいですね。

横浜・中華街散策の日も、晴れて暖かく、風もない穏やかな日でした。
皆で中華料理屋さんでランチを食べ、山下公園を散歩し、
予約していたカフェで、フレンチトーストやケーキを食べたり、
美味しいコーヒーを飲んだりと、思い思いに楽しみました。

さて、11月の予定をご案内しますね!

ことり企画にご興味ある方は、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
見学、体験も随時行っています。

【ことり企画 電話番号】 03-6276-6871
2019年予定表11月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B型の認可通知が届きました!

先日、東京都から新施設の認可通知が送られてきました。

ここまで来るのに、様々な人々にご協力いただきました。
これからも、身を引き締めて、就労移行、定着支援と共に、新しい施設「就労継続支援B型」を盛り立てていきます!

また、ご協力いただいております企業の皆様にも感謝申し上げます。
いつも温かいご支援をありがとうございます!

今後も、ご指導の程、どうぞよろしくお願いいたします。

就労継続支援B型 利用者募集開始!

先日、皆様のおかげをもちまして、就労継続支援B型の申請書類を都庁に提出することができました^_^

ことり企画の運営する就労継続支援B型は、都内ではまだ珍しい、一般企業内に出向いてお仕事をさせて頂く形の「施設外就労」が中心です。

既に施設外就労を請け負って下さる企業様が決まり、申請書類提出の際には、その報告も併せてさせていただきました。都庁の職員の方々も興味深く聞いてくださいました。

ことり企画での体験が、就職に生きていくのはもちろんですが、それだけでなく、生活していく為に必要な技能、知識も身に付きます。また、末永く付き合える仲間と出会える場所にもなれたらと思います。

ご期待下さい。

先々の生活が見通せず、自分の将来に不安に感じている方、一人で就職を考えてるが、その一歩が踏み出せないでいる方など当センターを訪ねてみてください。
きっとお力になれます!

ことり企画 代表理事 今野
お問合せ先:03-6276-6871

実習先同行

利用者さんが、西新宿にある人材派遣会社の事務作業チームで実習させていただきました。

週末の2日の休みを挟み5日間お世話になります。

緊張しやすく、人に慣れるのが苦手、被害的に物事を捉えてしまいがちな性格の利用者さん。なので、実習前の綿密な打ち合わせをして、実習先の担当者さんと、センタースタッフで本人がいつも通りのパフォーマンスを出せるよう雰囲気作りをしていきました。

そして、初日はセンタースタッフが午前から半日付き添い、緊張しがちな様子をほぐしながら、実習作業にあたってもらいました。

夕方、本人と連絡を取ったところ、6時間の長丁場の舞台でしたが、なんとか乗り越えられたと笑顔交じりに応えてました。また、お母様からも「いつもと変わらない元気な様子で実習先から帰宅したので、安心しました」との話をいただきました。
場合によっては本人に負担がかかり過ぎないよう、明日の実習は、先方様にご相談して短時間に調整して頂くことも考えていましたが、本人からは、初日と変わらない条件でお願いしたい、と、頑張る気持ちが強く出ていました。

その旨、実習先担当者に連絡を入れました。担当者の方も、本人の今日の様子を見て、気になることもありましたが、相談や報告もきちっとできていたので、5日間やり通せるのではとのことでした。

結果はどうであれ、利用者さんの成功体験が、次のステップの自信につながればと考えてます。

病気や障害を持つと、一人ではできないことも多くなると思いますが、そこに支援、応援する人を入れることで、出来ること、行動範囲が増えていくと思います。

時には、思い切って人に頼ることもしてみてください!

実習面接会

先日、飯田橋にある都のしごとセンターにて、実習面接会があり、利用者さん2名が参加しました。

面接時間が夕方の16時過ぎと遅い時間だったので、前日に続き、午後にも面接の練習をしてから臨みました。

その甲斐あり、受け答えも落ち着いて、しっかり話が出来ていました。

当センターに来てから、歩む速度はそれぞれですが、めざましく成長している皆さんに、感謝です^_^

面接同行

利用者さんの面接同行で西新宿の事業所へ。

利用者さんも、あらかじめ面接練習をしていましたが、やはりかなり緊張気味。少し時間を早め、近くの駅で待ち合わせ、事業所に行く道すがら緊張をほぐして差し上げました。

本番では、持ち前の舞台度胸で、事前の練習以上にきちっと受け答えをされていました^_^

回数を重ねるうちに、皆さん、逞しくなっていきます。

8月とそうめん

猛暑日になった1日、調理実習でそうめんを、利用者さんみんなで作り食べました。

鍋、カセットコンロ、まな板、包丁、前日買っておいた食材を準備して、手順を確認しながら、調理実習を進めてました。

手順を確認したり、わからないことは確認したりするのは、仕事の進め方と同じです。

スタッフが、きゅうりの千切りのやり方を見せて、続いて利用者さん。手本のスタッフの手元を真剣に見て、自分の番になると、どう包丁を当てれば良いか、立ち方など、工夫しながらやっていました。

他人のやり方を、見る、真似る、自分に取り入れてみるは、とても大切なことです。

まぁそうは言っても、楽しむ気持ちも持ちながら、麺を茹で上げ冷やし、下処理した食材(大葉、プチトマト、きゅうり、レタス、おろし生姜、マヨネーズ、かつお節)を盛り、つゆと薬味を上から掛けて美味しそうに、召し上がってました。

あまりに美味しかったので、写真を撮り忘れましたので、味は想像してください^_^

今月は、11日の日曜から16日の金曜まで、いわゆるお盆休みを取らせてもらいます。

17日より通常通り営業いたします。

よろしくお願いします。

大正大学学内学会

7月6日(土)、西巣鴨にある大正大学で開催された、第43回学内福祉学会の、第1分科会「実践」に、シンポジストとして参加させて頂きました。

他にもシンポジストとして、児童養護施設・二葉学園の赤瀬様、社会福祉法人みずき福祉会・八王子平和の家の富松様、また、助言者として社会福祉法人・東京蒼生会の田中様参加されました。二葉学園の先駆的な取り組みや実践、八王子平和の家の心に寄り添う支援など、各々の事業内容を伺うことができ、大変勉強になりました。

私自身も、ことり企画を始めるまでの経緯や契機、施設運営者としての想いなどを交え、事業の紹介をさせていただきました。

スタッフや利用者さん方もギャラリーとして参加させていただきました^_^

貴重な機会を頂きありがとうございました。
また、ご傾聴下さった皆さまもありがとうございます!

帰りがけ、学校構内が、地域のお祭り会場になって、とても賑やかでした。

ガパオライスを作りました【6月の調理実習】

6月26日(水)は、月に一度の調理実習の日。
暑い日が続いているので、スタミナが付くよう、ガパオ(鶏肉のバジル炒め)ライスを作りました。

調理は、頭も身体も両方使います。
人の動きを見て、どう動いたら効率的かを考えながら作ります。

素材の切り方、加工の仕方をどのぐらい真似できるか、仕事にも通じるものがあります。

段取りもそうです。
何の道具から出せば良いのか、何から切れば良いのか、片付けながら、次の作業に移っていくにも、想像力が必要です。
「料理とは段取り」とも言えます。

まずは手を洗い、機材(フライパンやまな板、包丁等)、食材を準備し、並べます。
生姜、にんにくのみじん切りからスタート!
玉ねぎは粗みじん切りに、ピーマン、パプリカは1センチ角に切ります。
皆さんで手分けして、悪戦苦闘しながらも、切っていきます。

全ての食材の下準備が終わったら、フライパンに生姜、にんにく、サラダ油を入れ、弱火でゆっくりと香りが立つように火を入れていきます。
生姜、にんにくは、油が冷たい状態から入れないとすぐに焦げてしまいますが、それを知らない利用者さんが多かったので、皆さんに少しでも新しい発見があったことも嬉しいです。

最後にオイスターソースとナンプラー、砂糖で味を調えて、完成!

皆さんと楽しく作って、美味しく食べました。
全員がガパオを作るのは初めてでしたが、想像以上に簡単に美味しくできた様子!「美味しい!」の声が沢山聞こえました。

その週のうちに早速お家で作ってくれた利用者さんが、写真を見せてくれました。ご家族も喜んでくれたとのこと、嬉しいです。

調理実習の場だけで作って食べて終わり、ではなく、今後お家でも作れるように、近日中にパソコン講座で各々がレシピをまとめる予定です。

凌鶴先生の三方ヶ原軍記

6月4日(火)、午前中は、凌鶴先生の講座でした^_^

今回は、田辺一門が、はじめに習う講談の軍記物、『三方ヶ原軍記』を、みんなで読み合わせました。

発声や読む速度、声の抑揚など細かく指導いただきました。

読み物でも、工夫次第で同じ台本の同じ話が、奥行きが出て、立体的に聞こえてくるのが不思議です。

明後日、新作の講談を発表されるとのこと。お忙しい中、凌鶴先生ありがとうございます!

実習指導者研修

5月25日(土)、26日(日)の2日間、日本PSW協会主催の研修に参加させていただきました^_^

場所は、湯島のとある会議室でした。

参加者は、関東を中心とした都道府県で仕事に携わっているワーカーさんが、総勢70人程。講義とグループワークが中心のとても有意義なものでした。

私の班は静岡、神奈川、栃木、千葉、埼玉、都内のワーカーさんで組まれました。各地域や職域によって、仕事内容も違ったり、苦労があったり、大変勉強になりました。

この研修を機に、うちの施設でも、これから資格を取る方の教育実習を受け入れ、後進の育成に力を貸していきたいです。