神宮の杜 明治神宮へ

1月10日、センターでは、十二社通り(西参道 明治神宮への西門への参道)を南へ道づたいに歩き、渋谷区の明治神宮へ初詣をすませました。晴天に恵まれ参加者7名、こころ新たに新年お誓いをそれぞれ立てたことでしょう。

神宮の境内には、「新春書道展」の入選作品が伽藍に展示され、参拝をすませた方々が、小学生~高校生までの力作、秀作に見入っていました。今年の干支は酉年という事で、「ことり」と画いた作品も散見され、利用者はもちろん、法人にとってもいい年であるよう縁起を担ぎました。初詣 書道展

西門から本殿まで代々木の森が続きますが、これは自然の「鎮守の森」ではありません。当代の造園家や大学教授が招集され、100年以上先を見越した造園事業だったという事です。神宮建立当時(大正時代)日本全国の都道府県の県木等がおよそ10万本植林され、今に至っているといいます。千島樺太はもちろんですが、当時は台湾・朝鮮半島も日本領でしたので、その地域からも植林のため船で木を運んだといいます。中でも残念なのは、台湾の樹木は東京の寒さになじめず、枯れてしまったといいます。

どう見ても自然林に見えてしまう「鎮守の森」が、100年の計を体現し、厳然と目の前に現れた時、当時事業に関わった全ての人々の「仕事」に対する構想力・意識・想像力に、気が遠くなる思いがします。今現在我々は、日々の忙しさにかまけ、ただ「作業」を惰性で継続しているだけで、どれだけ先の世の中や人々のために成る「仕事」をこなせているのか?

徒歩20分余りの参拝でしたが、大都会のただ中の「鎮守の森」を後にしながら、参加者各人が新しい年への誓いを新たにしたのでした。

途中、パークハイアットの「東京ガスの展示場」に寄り、最新のシステムキッチン・商品などを見た後で、そこで作られたスポンジケーキを頂きました。展示場を訪れる事で、これから家を建てたり、結婚を考えたりしている方など新しい生活が見えてくると思います。試食も月替わりでメニューが一新するらしいので、それを目当てにお見えになる方も居るとか居ないとか。

初詣 東京ガス

東京障害者職業センターの見学

12月20日、台東区東上野にある独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構 東京障害者職業センターを訪問しました。都営大江戸線「上野御徒町駅」より、徒歩で15分ぐらいの道のりでした。(JR上野駅が最寄り駅であり、入谷口からは徒歩6分ぐらいで済むでしょうか。)

利用者4名、スタッフ4名の見学にも関わらず、丁寧に対応していただきました。職業センターは都内在住に限らず通所が可能ならば、利用できるという事です。上野、御徒町近辺は複数の路線が乗り入れ、駅やバス停も多いため、千葉県・埼玉県の方の利用も多いそうです。また、利用の際は、障害者手帳も特に必要ではないそうです。

特徴としては、2ヶ月ぐらいの通所を必要とする「職業準備支援」、主に就職後の「ジョブコーチ支援」を柱に、職業評価・支援プランの作成を行い、障害者の就労定着を図っているという事です。(このほかに事業主に対しても支援等しているそうです。)

今回、見学では職業評価で行なわれる「ピッキング作業の模擬作業」を何人かの利用者が体験しました。1時間30分ほどの見学会でした。利用者は往復30分超の徒歩移動にいささか疲れた様子を見せていました。

委託訓練

10月の下旬から、11月にかけて東京仕事財団様より委託され、センターにてPC・簿記・就活講座を行ないました。都では小平市に「障害者職業訓練校」がありますが、アクセスや定員の関係ですべての人が通えるわけではありません。

そこで、仕事財団が都内の施設に呼びかけて、民間の施設に職業訓練を委託しています。当センターも京王線・小田急線・都営大江戸線等公共交通機関を使い、容易にアクセスできる事から、訓練実施に手を上げました。

%e5%a7%94%e8%a8%97%e8%a8%93%e7%b7%b4%e3%80%8010%e6%9c%88%e6%9c%9f

 

 

 

 

 

 

今回は、杉並区と中野区の方が受講されました。

 

NPO法人ふらじゃいる(当事者会) 出張講座

11月12日(土)、練馬区を活動拠点にしている当事者の会「NPO法人 ふらじゃいる」のスタッフの方・当事者の方(実は我々ことり企画設立当初からお世話になり、法人社員にもなっていただいております。)をお招きし、講座を開きました。自身の特徴や病の受容を促進するため自らの病名を創作で作ったり、グループワークに参加した一人ひとりが困っている事を順番に披露し、それに対し参加者全員で解決法を出し合い、自らの生活をしやすくしたり考え方を軽くしたりする内容でした。

今後は毎月定期的にお招きし、少しでも利用者のお役に立てるプログラムに成長させてまいります。

%e3%81%b5%e3%82%891

利用者の声

ひとつの問題に様々な意見を聞けて参考になった。自分からもっと意見を言わなければと思った。

自分は「対人恐怖」を強く感じる事はないので難しかったが、皆さんの話が聞けて勉強になりました。

beyond 2020 in RYOUGOKUへ大相撲観戦

10月4日、善意銀行とNHKのおかげ様で、両国の国技館へ大相撲を見に行く事が出来ました。天気もことのほか晴れ渡り、当日の参加者も5名、スタッフ2名の参加がありました。

主に大使館関係者を招き、国技である大相撲の文化紹介であり、2020年に開催される東京オリンピックの啓発啓蒙を兼ねたアピールの場だったと思います。

ちびっ子に相撲の稽古、力士の髪結い、三役揃いぶみ、幕内の土俵入り、横綱の土俵入り、およそ20年ぶりの横綱の三段構えと、弓取りの迫力を堪能しました。

以下は

参加した利用者の感想です。

体と体のぶつかり合いで、すごく楽しかった。

生の力士を見れて嬉しかった。

初めて生で相撲を見ました。迫力があってとても楽しかったです。弓取りが特に良かったです。知らないところに行くのは苦手ですが、克服する練習になってよかったです。機会があれば、また行きたいです。

大相撲は割りと好きなので、楽しい時間を過ごせました。

img_5916

このイベントは、日本文化の紹介の側面があるので、大相撲に疎い私でも、館内では解説やエピソードのアナウンスが流れ、相撲に親近感が沸きました。来場所は、NHKの相撲放送を、今までとは違う感覚で見られると思うと楽しみです。

 

 

 

10月25日より、PC委託訓練を開始します!!

このたび、東京都の公益財団法人しごと財団より、「障害者委託訓練」の受託訓練機関として選定されました。10月より最寄の公共職業安定所(ハローワーク)に問い合わせの上、窓口にてお申し込みください。内容は、一日に5コマ程度のプログラムで、およそ一ヶ月かけて「ワード」「エクセル」の基礎と障害者就労を上手くこなせるコツ(制度の解説、現状、応募書類作成、模擬面接など)を盛り込みます。

ご興味があれば、奮ってお申し込みください。お待ちしています。

夏の風物詩~朝顔市~

最近暑い日が続きますが、みなさん体調はお変わりありませんか?

センターではスタッフが入谷の朝顔市で朝顔を買ってきてくれました!

鉢の中には四つの苗が植えてあり、その中でピンク色の朝顔が綺麗に咲いています。他の朝顔はどんな色が咲くのか、今から楽しみです(^▽^)

朝顔市

日常の中に、朝顔や植物をみると疲れていた心が癒されます♪

みなさんもお部屋にお花や植物を飾ってみませんか(*^-^*)?

ことり企画&社福)練馬山彦福祉会ワークショップ石神井と共催で講演会!

現代の社会保障制度には、障害年金、生活保護など安心できる公的扶助があります。

しかし、差別や偏見等でうまく受給できないケース等があると支援者の方から聞くことがあります。そこで理解を深め、正しい知識を身につけませんか?

テーマ:『公的扶助 ここだけの話~ここまで知っていれば大丈夫!!』

日時:平成28年7月29日(金)

15:00~17:00(質問応答含む)

講師:認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい

理事長 大西 連氏

入場料:無料(先着20名)

締め切り:平成28年7月20日

参加をご希望される方は、03-6276-6871(ことり企画)までご連絡下さい。みなさまのご参加お待ちしています(^▽^)♪

2もやいちらし講演会1もやい講演会ちらし

 

 

可愛い小鳥のピーちゃん♪

梅雨に入り、ジメジメした日が続きますが、皆様どうお過ごしでしょうか?

ジメジメして少し憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる、可愛い仲間が増えました(^▽^)

2青い鳥

 

名前は”ピーちゃん”と言います♪

鳥篭の中にちょこんといる姿が可愛らしくいる姿が癒されます!

疲れた心を癒しにピーちゃんに会いに来ませんか(*^▽^*)?